悪玉菌が増えると腸の働きが低下します
1兆個の乳酸菌をお届けメガサンA150!

2015年02月06日

乳酸菌の働き

乳酸菌の働きでお通じが良くなり元気にもなると言われます。
何故でしょうか?


乳酸菌は善玉菌の代表で、便通などの整腸作用を果たしているのですが、その仕組みを解明します。
乳酸菌は腸の表面に付着します。
乳酸菌の表面にあるタンパク質が腸の粘膜とくっつきやすくなっているからです。


だから、腸の表面で増殖し易く、大腸菌などの悪玉菌の働きを抑えてくれるのです。


また、乳酸菌はその名前の通り乳酸を作りだします。
乳酸は酸性ですので、腸を刺激して便を作りだす腸の運動を活発にもするのです。
腸の表面での働きが大切なのです。


ところで最近の注目事項は、乳酸菌がインフルエンザや花粉症の様なアレルギーに対しても防御機能を果たすというのです。


腸の中には異物と戦う免疫細胞の半分以上があるのです。
だから、腸管の免疫を健全に保つことで体全体の健康も維持できるのです。


更に、乳酸菌そのものが免疫細胞が集まっている組織に取り込まれて、異物に対する抗体を作るという報告もあります。


そんな重要な働きの乳酸菌ですが、口から摂りこまれても中々腸にまで届きにくいのです。
なので、丈夫な乳酸菌や乳酸菌をうまく防御しておく方法が工夫されているのです。
乳酸菌には頑張ってほしいものですね!



5000億個の乳酸菌が簡単に摂れるサプリメント!ベータ食品 乳酸菌5000 A500





posted by nonbenpi at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳酸菌とビフィズス菌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳酸菌とビフィズス菌

乳酸菌とビフィズス菌は、共に善玉菌ということでよく耳にします。
腸内に住む善玉菌ということですが、実際にどう違うのでしょう?


まず、ハッキリしていることは生息場所です。
腸といっても小腸と大腸という区分けがありますね。
乳酸菌やビフィズス菌などの微生物も腸内で住み分けをしているのです


乳酸菌はその名の通り乳酸を作る出す菌ですが、主に小腸で生息しています。
一方、ビフィズス菌乳酸や酢酸を作り、主な生息場所は大腸です。
大腸の中で善玉菌の99%以上がビフィズス菌なのです。


大腸は、体内の不要なものを排出したり、貯め込んだりする場所であるのはご存じのとおりで、つまり便を作っている場所ということですね。
この便がスムースに排出できるかどうかで、私たちの健康が大きく左右されるのです。


毎日のお通じがスムースだと顔色もよく、気分もよく、日々スッキリと過ごせますね。
でも、便秘になってお通じが滞ると憂鬱な気分だけでなく、吹き出物が出たり肌荒れが酷くなったりと健康にも支障が出てきます。


それは、お通じが大切なことの証明でもあるわけです。
そこで、ビフィズス菌ですが、大腸に占める善玉菌の大半がビフィズス菌なので、大腸の環境をコントロールしてくれているわけです。


でも、歳を取ればビフィズス菌は減少してしまうのです。
赤ちゃんの時には腸内の95%もいる菌なのに中年になれば大幅に減少し、高齢者では1%ぐらいだとか・・。


これでは、お年寄りに便秘になる人が多いのも不思議ではないですね。
ビフィズス菌をどんどんと補給しなければなりません。
しかも、生きた状態で大腸にまで辿りつかせることが大切です。




【週末限定セール★2/12 13:00迄!】新ビオフェルミンS(540錠入)【HLS_DU】 /【ビオフェルミン】[整腸 便通を整える 便秘 軟便 ビフィズス菌 乳酸菌]【送料無料】

価格 2,180円 (税込 2,354 円) 送料込






酵母菌が生きたまま腸まで届く!!日健協サービス 生きてる酵母BX ビフィズス菌&ラクリス菌 (3g×30包)【05P10Jan15】


価格 4,320円 (税込) 送料別






ビフィズス生菌やマスティハを配合した栄養補助食品。ラクトフェリン&ビフィズス生菌+マスティハ(有胞子性乳酸菌配合)【05P10Jan15】


価格 4,860円 (税込) 送料別





posted by nonbenpi at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳酸菌とビフィズス菌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本一のオリゴ糖

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。