悪玉菌が増えると腸の働きが低下します
1兆個の乳酸菌をお届けメガサンA150!

2014年05月05日

太り過ぎないことと足るを知る

太り過ぎるというのは見た目にみっともないだけでなく、だらしない感じもするものです。
精神的にも足るを知るならば気も充実するでしょう。

himann1.jpg

テレビで興味深いシーンを見ることがあります。
アマゾンの奥に住む未開人などは、勿論肥満の人はいませんが皆笑顔がよくて仲間意識も強いですね。
食べ物が少なくても村人が協力し合って生きることを本能以上に分かっているのです。


それに比べて食べ物などに余り心配のない私達文明人は、その文明が進めば進むほど更なる精神的な不安と恐怖に駆り立てられて生活しています。
隣に住む人も知らないというのが文明人の生活なのでしょうかねえ・・・。


野生動物の王国の番組でも同じです。
野生動物で太ったのはいません。
食べ物が十分に行きわたっていないからと考えがちですが、それはマルッキリ見当外れの様です。


しかも仲間意識も強く、うまく統率されて仲良く生きている感じです。
ストレスとは無縁の社会なのかもしれません・・。


それに引き換え、人間の食べ物は甘辛く美味しく調理されているので、満腹するという中枢神経をかく乱して、お腹が一杯になっても更に食べてしまうようです。
マクドナルドのハンバーガーなどがいい例で、肥満で訴えられている例もあるとか・・。
どうも文明とは自分勝手でイチャモンをつける文化なのでしょうか?

himann2.jpg

我々人間も含め動物には「基礎代謝」というものがあります。
基礎代謝とは、呼吸や体温調節など「生命維持のために消費される最低限のエネルギー」のことで、1日の消費エネルギー量の約70%を占めます。


この基礎代謝が高ければ、自然と消費されるエネルギーが多くなるので、いくら食べても太らない」
という状態に近づくのです。
野生の動物の場合は、この基礎代謝が高く、また高くなる様な姿勢や動きをしているようです。


一方、人間は食っちゃ寝の習慣の人も多く、とても基礎代謝が高いとは言えません。
だから、いくらカロリー制限や運動をしても、基礎代謝が低ければ、やめてしまった瞬間にまた太ります。
これがダイエットのリバウンドと呼ばれるものです。


こうしてみると文明の進んだ人間も、多少は野生に戻り考え方も行動もシンプルにすることが何より健康に結びつくのではないでしょうか。


野生の動物で便秘なんて贅沢な病気も無いかもしれません
太り過ぎないことや足るを知る生活に本当に憧れてみれば如何でしょうか?
一考の余地は十分にあると思いますね!


himann2.jpg
posted by nonbenpi at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスと便秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

ストレスと便秘

ストレスと便秘には深いつながりがあります。
たぶん腸がセカンドブレインと言われるゆえんもそこにあり、くよくよしたりが長続きすれば、体には何の原因が無くても便秘になっていることがあるのです。


それはクヨクヨでなくても、例えば旅行に行ったりした時や、ベッドが変わった時などにでき面です。
それほど人間は脆いところがあるということでしょう・・。


そして、ストレスが長く続くと、今度はトイレに行くことが怖くなってくるのです・・。
トイレに行くのが怖い、なんて想像もできないでしょう・・・?


トイレはじっくりと考え事が出来る空間かもしれません。
一人だけで誰にも邪魔されない空間だと喜んだり頼りにしたり逃げ込んだり・・と。
そんな自分だけのホッとする場所へ行くのが怖くなるなんて・・。


スッキリ!を目指すなら植物性乳酸菌


でも、その気持ちは便秘になってみればよく分かるのです。
特にひどい便秘なら、あの冷や汗まで出てくる便秘なら、トイレへ行きたくないのです。


ウンチさえスーと出てくれるなら、トイレは快適空間であるのは間違いありません。
しかし、そこへ行くことすら躊躇してしまうあなた。


まず、よーく深呼吸しましょう。
背伸びも良いですよ。
寝転んで足腰を思い切り伸ばしてみる、それだけでも気分が違います。


時間があれば散歩したり、山を見たり緑を見ましょう!
ゆったりした気持ちにさえなれるなら、いや無理をしてもそんな時間を作って行くのです。


昔はトイレに行くのに「自然が呼んでいる」何て符牒もあったでしょう。
自然に呼んでもらいましょう!!
自然を呼び込みましょう!!!


ラブレと共に20年・ラブレ菌スタンダード通販サイト いきいきラブレネット
ラベル:ストレス 便秘
posted by nonbenpi at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスと便秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

楽しい思い出と便秘

楽しい思い出と便秘なんて、変な組み合わせでしょうか?


楽しい思いでは誰にもあるはずです。
そして、例えば昔話で盛り上がって気分が爽快になったとか・・。


懐かしい友との再会があれば楽しかった記憶がよみがえることもしばしばです。
そんな時は、脳内で感情システムが活性化してドーパミンという快感物質が分泌されているといいます。
ずーと楽しい思い出でいられたらいいですね・・。


知り合いのおばあさんですが、今は痴呆気味で家族のことも分かりにくくなっています。
でも、昔話をしたり、知っている歌を歌う時はとても朗らかな表情になり、こちらも嬉しくなります。
歌っていいもんですね。


そして、このように良い思い出や思い出しをすることは、幸福感にひたることであり、副交感神経が活性化されてリラックスモードになると言われます。


当然、自律神経のバランスも良くなり心拍、血圧のコントロールも良くなって心も体も晴れやかになります。


そんな時に便秘などなるはずもありません。
便秘に罹ることも忘れてしまうかもしれません。
楽しい気分だと腸のぜん動運動も盛んになって、どんどん前へ運んでくれる感じです

be1.jpg

だから、くよくよする暇があったら、意識して楽しいことを思い出すことです。
誰しも楽しい思いでは必ずあるはずです。
そして、その記憶がよみがえれば気分がすぐれないなどということは無くなります。


心身の安定は胃や腸の働きも助け活発にしてくれます
将に、病は気からです。


苦しい気分や気持ちが沈んだ時は、楽しいことを思い出せば何とかなるもんだ、ということを思い出してください。


そして、しっかりと深呼吸をする余裕を持って、少し多めに水やお茶を飲んでリラックスしてみましょう。
楽しい思い出が便秘も忘れさせてくれるかもしれませんよ



参考リンク

健康メリット お勧め
ニンニク 健康オススメ
野菜ジュース 健康オススメ
posted by nonbenpi at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスと便秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

ストレス性便秘の解消

ストレス性の便秘解消はどうすればいいのでしょうか?

be7.jpg

今の世の中、右も左も真っ暗闇とはフーテンの寅さんの文句ですが、寅さんで無くとも暮らしにくい、付き合いにくい、過ごし難いと考える人はものすごく多いのです。


だから、逆に考えれば相手も大変だなとストレスを抱えて苦労しているんだな、ぐらいに思っておけばいいのかもしれません。


といっても、他人任せよりは自分のことですから、何とかしなくてはいけません。


まず、オリーブオイルを試してみてはいかがでしょうか
オリーブオイルには小腸を刺激して排便を促進する働きがあるのです


オリーブオイルを大さじ1,2杯ほど、そのまま飲むかパンにつけるなどして食べるといいです。
これを朝夕2回でかなりな効果が期待できます。


また、どっさりマジックもいいですよ!

医薬部外品で便秘解消したい方はこちら



ともかくストレス性の便秘は、現代社会にはつきものと思う様にすれば気が楽になります。
体や心の緊張をほぐすにはどうすればいいか?
色々考えてみることもお勧めです。


例えば、瞑想をしてみるとか音楽療法と言ってリラックスしながら音楽に浸り切るのも一法です。
個人差がありますので、自分で最もリラックスできるのは何か、ともかく早く見つけることです。」


そして、少しでも便意が生じたら、躊躇せず真っ先にトイレへ直行することが肝心です。
御健闘をお祈りいたします・・。


120万包突破!ダイエットの大敵!便秘改善商品はこちら

posted by nonbenpi at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスと便秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

腸とストレスは密接

腸とストレスが密接な関係にあることは、よく知られています。


東日本大震災が起きてからもう1年と9カ月も過ぎようとしているのに、いまだに避難生活を余儀なくされている人々が沢山おられます。


ただ単に自然災害とばかり言えないことは、原発事故と放射性物質の後始末にこの先何年もかかることからもはっきりしています。
日本全国の国民が一丸となって手を差し伸べることが必要なことは言うまでもありません。


被災して避難生活をされていた人々は、本当に過酷な環境に置かれていました。
普段、便秘に悩んだことが無いのに10日以上排便が無かったという人が続出しました。
阪神大震災の時も40%もの人が便秘になったと言われています。


被災地では食糧不足や医薬品不足に加えてトイレ環境の問題がありました。
非難所の仮設トイレは数が不足していた上に衛生状態も非常に悪かったので、ゆっくりと排便できることなどありませんでした。


当然に普段なら便秘になど悩まない人も不安や恐怖などのストレスもあり便秘傾向になってしまったのです。


以下に腸と精神状態が密接な関係かという証ではありますが、被災地では未だにその傾向があります。
一刻も早く緊張状態を和らげられる施策が欲しいものです。


被災地には、せめてゆったりとした気分に浸らせてあげたい・・。


森下仁丹のビフィズス菌


まず実感!腸まで届くビフィーナのチカラ!初回限定お試し価格


胃液に負けず腸まで届くラクトフェリン≪森下仁丹≫


ラベル: ストレス
posted by nonbenpi at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスと便秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

ストレスと便秘とは深ーい友達

ストレスと便秘とは深ーい友達になります。
友達にも親友と悪友とがいるものです。


本当に困ったときに助けてくれる、悩みを聞いてくれる、悩みを打ち明けられるのが親友ですね。
何かと自分の都合だけで好き勝手に振る舞い、肝心なときには何の手助けにもならない、初めから当てにできないのが悪友でしょう。


ピンポーンと該当する人が多いのでは・・・。


ストレスの原因にも人間関係が多いですね。
学校、職場だけでなく家族の中にさえも精神的なストレスを撒き散らす人が多いのが現実です。
脳も胃も腸も、たまったものではありません。


我々人間は、口からの食べ物で栄養を取り、余分なものは便で排泄する仕組みを持っています。


胃の中に食べ物が入ると、胃壁が伸びて反射的に結腸が動き始めます。
これで溜まっていた便が直腸に送り出され、直腸の壁が刺激されて便意が起こります。


そして、直腸からの信号は脊髄を通って脳に伝わり、排泄の命令を出すことになります。
しかし、ストレスが一杯あると、こうした腸の動きが悪くなったり、逆に早くなったりします。


よく、旅行したりすればトイレが変わって便秘になる人がいますが、これは緊張のせいです。
駅や会社のトイレでも上手くできない人がいますが、これもストレスのせいですね。


緊張するとおなかが痛くなる人がいますが、ストレスで胃や大腸の働きが過剰になるためです。


では、ストレスをとるためにはどうしたらいいのでしょう。
それが簡単に分れば問題ないのですが、なかなか良い解決方法はありません。
よく、リラックスせよといわれますが、それが出来ないから苦労しているのです。


ただ、規則正しい生活をしたり運動をすることで、習慣的に体にリラックスの状態をおぼえさせることは出来そうです。


また、食べ物を工夫することで便秘を解消することも出来ます。


食物繊維の多い代表格のサツマイモは、腸を刺激するとともに便を柔らかくする成分も含まれています。
ゴボウやこんにゃくも便通を正常にしてくれる食べ物です。


便秘解消の魔法のオリゴ糖やカニやエビに含まれるキチン、キトサンも食物繊維の一種で効果が望めます。
イチジクなども強い味方になります。


好き嫌いのある人はサプリメントで十分に補うのが良いでしょう。


関連記事
赤ちゃんの便秘にもカイテキオリゴ

便秘解消の手助けと安心

糞ことばと便秘


ラベル:ストレス
posted by nonbenpi at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスと便秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本一のオリゴ糖

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。