悪玉菌が増えると腸の働きが低下します
1兆個の乳酸菌をお届けメガサンA150!

2014年05月19日

小学生低学年の1割が便秘

小学生低学年の1割が便秘という調査結果が出ました。


小学校低学年の1割が、3日以上排便がない便秘傾向にあることが、NPO法人「日本トイレ研究所」と王子ネピアの調査でわかったのです。
その背景には学校のトイレに行きたがらないのも理由にあるようです。


トイレの大切さを学ぶ出前授業「うんち教室」に参加した首都圏の小学校1〜3年生599人に聞きました。
その結果「3日以上うんちが出ない日が続く」と答えたのは、70人(11・7%)でありました。


内訳は「3日」が45人、「4日」が20人、「5日」が5人だったのです。
「毎日出る」は215人(35・9%)でした。
便秘は女性がかかりやすいということだが、小学生までが便秘とは・・?


便秘傾向の背景には、学校のトイレに行きたがらないということがあるようです。
都内の小学生97人に「学校のトイレでうんちをするか」と聞いたところ、22人が「しない」と回答。
しない理由は、「和式だから」「落ち着かないから」「休み時間が短いから」などでした。


同研究所代表理事の加藤篤さんは「学校のトイレは古かったり、多くが和式だったり、家庭とのギャップがあることを指摘しています。
安心してトイレに行ける空気づくりが大事」と話しているのです。

参考サイト
リフォーム 金額 相場 


本来なら便秘になるのは腸の働きが衰えていることが多いものです。
ただ、無理にトイレを我慢していたり、精神的なストレスが多過ぎると便秘になる人もあり、今の世の中ではこちらの原因も無視できないようになっています。


だから、ゆっくりとトイレに行く時間を確保することはとても大切です。
その為には朝早く起きて、朝の時間に余裕を作ることです。
冷たい水を出来るだけ飲むことも大切です。


また、洋式便所やウォッシュレットもあれば言うことないですね・・。
便秘は生活病の一つかもしれません。


posted by nonbenpi at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 便秘症 原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
日本一のオリゴ糖

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。