悪玉菌が増えると腸の働きが低下します
1兆個の乳酸菌をお届けメガサンA150!

2013年02月15日

葉酸とがん抑制

葉酸が、がんを抑制してくれるのです。


葉酸は、ビタミンB群の水溶性ビタミンです。
葉酸は、細胞が増える時には欠かせない栄養素でもあるのです。


この葉酸にはDNAの修復作用があるのでがんの予防に効果的と言われます。
がんが出来るということは、細胞の遺伝子が壊れるからであり、その原因は活性酸素などで傷つくからでもあります。


有名人の間で人気のビタミン、ミネラルサプリメント
《美的ヌーボ》



体が元気で健康であれば、がん細胞を抑えてくれる抑制遺伝子で食い止められるのですが、体が弱ってくるとがんの増殖を抑えられずに発症するというのです。
この絡みで、細胞を修復させる働きがある葉酸が心強いのです。


更に、葉酸は胃や腸の粘膜を強化させてくれるので、腸内環境を整えることにも貢献する力が大きいのです。


ちなみに、葉酸を多く含む食べ物は、アスパラガス、カリフラワー、春菊、かぼちゃ、高菜、ブロッコリー、ホウレンソウなどです。
好き嫌いを言わずに、食卓には備えておきたいものですね。


そして、こんな記事を見たら、家庭菜園にひときわ力も入るお父さんがおられるかもしれないですね・・。
どうぞ頑張って、新鮮な野菜をご家族にプレゼントして下さい!!




ラベル:葉酸
posted by nonbenpi at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 便秘退治の仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
日本一のオリゴ糖

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。