悪玉菌が増えると腸の働きが低下します
1兆個の乳酸菌をお届けメガサンA150!

2012年12月25日

マグネシウムで腸のストレスも解消

マグネシウムをうまく摂り入れると、腸のストレスも解消できるのです。


一般にマグネシウムの必要摂取量は、1日当たり男性で340mg、女性で270mgだそうです。
ところが、今の日本では男女ともにこの値を下回っているのです。


だから、マグネシウム不足が慢性的な便秘や腸ストレスに悩む人が増えている原因にもなっているのです。


マグネシウムは、様々な刺激から腸を守ったり神経の働きを円滑にして腸ストレスを取り除く効果があるのです。


また、体全体に対しても体温や血圧の調節をしてくれたり、筋肉の緊張を緩和や細胞の中でエネルギーの蓄積をしたり消費をしたりする補助的な役目も果たしています。


ただし、一方でマグネシウムそのものは消費され易く、甘いものを食べ過ぎたり汗をかき過ぎたりストレスなどによってもどんどん消費されてしまうのです。


そして、体内でマグネシウムが足りなくなると便秘になるほか、激しいスポーツをする時のけがや肉離れになるなどの悪影響を起こしてしまいます。

be4.jpg

私事ではありますが、最近ゴルフをする時に無茶振りの傾向があって、思いもかけず背中やわき腹に肉離れ的な事態が生じてしまったのです。
全く情けない限りで、それでなくても手打ちの傾向があるへぼゴルフが、さらに酷くなってしまった様なのです。


そこでマグネシウムをたくさん含んだ昆布や牡蠣、納豆などにすがりついているこの頃であると白状しておきましょう・・・。








posted by nonbenpi at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 便秘症 解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
日本一のオリゴ糖

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。