悪玉菌が増えると腸の働きが低下します
1兆個の乳酸菌をお届けメガサンA150!

2012年08月06日

腸の調子と夏のビール

腸の調子と夏のビールについてのお話です。


全く暑いですね!
家の中にいて熱中症なんて信じられないことが続いています。
異常気象としか言いようがありません。


夕方には、何はともかくビールでのどを潤す。
良いですね。
我慢できずに夕方前からという人も・・。


そのおいしいビールですが、一日の終わりに冷たい一杯をご褒美に、という方に。
ビールは腸内細菌のバランスを崩すので、飲む前にコップ2〜3杯のお水を飲んでおくのがオススメ


15分〜20分もすると膵臓から腸に入るため、少ない量で満足することができます。
量を少なくだけでなく、いきなりビールを飲んでしまうと渇きを癒すどころか かえって逆効果。


ビールで脱水になったり下痢をしたりして、老化を進めてしまうため、老化防止の意義もあるとか。
ビールで意外とお腹が冷えることも・・。


ともかく、夏の厚さを克服するにも一筋縄ではいかないということの様です・・。
ハイ!


で、便秘ですが、お腹を壊すぐらいがちょうどいい?
いえいえ、決してそうではありません。
体調を壊してまでお通じがあったからと言って、それは喜ぶべきことではないことぐらい、よーくご存じのはずです・・。


ほっと熟成発酵しょうが












ラベル: ビール
posted by nonbenpi at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 大腸と便秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
日本一のオリゴ糖

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。